5月13日。

0
    5月も半ばになりました。

    さてさて、ブログもずいぶんあいてしまいましたが、気にかけて覗いてくださって、感謝です!
    連休中は、ちょっと臥せっておりました。
    おかゆに、お茶漬けに、おうどんの日々でした。
    いまは元気もりもり(って、なんだか古いな)、カレーもハンバーグも食べられます。ありがたや。


    1月、3月の本番が終わって、身辺に変化が訪れました。
    いまはその変化とじっくりつきあいながら、これから書くものについて思いを巡らせています。

    新しいものも書きたいし、いままで書いたものをちゃんと記録としてまとめたい、という想いもあります。
    わたしが不精者でいいかげんなせいで、なんと『月ヶ嶽の兄弟』『孤空通信』『リーンカーネーション・ティーパーティー『Sherry,Go home』『君はあかつきの星』、それから浮遊許可証以外の公演で言えば『スクラップ・ベイビィ!』「片岡百萬両ひとり芝居」『心』『難病飛行』の公演記録が一切ないんです(ほかに、宝山寺万灯会での『しおん』と、TAKE IT EASY!さんにお招きいただいた『DOLCE』と、七味まゆ味ちゃんに書き下ろした一人芝居『メルヘン』と、ユリイカ百貨店さんの『MOON』がありますが)。


    ちゃんと記録をつくって、ふりかえって、改稿やら再演も検討して・・・
    そういうことができずに、フィードバックがなにもできずにきたことが、いまのわたしの×××(ここ、自主規制にて伏せ字)につながっているのかもしれません。

    噴水のように、たえず自分の内にふりそそぎ、みずからを豊かにし続けることも、大事なことなのかも。
    この文章を書いていて、気づきました。(書いてみるもんだ!)
     

    『難病飛行』DVD完成記念上映会

    0

      『難病飛行』上映、明日になりました。
      パッケージ(イラスト:樋口アトさん、デザイン:勝山修平さん)をあらためて拝見して、「あ、いいなあ」と思いました。
      部屋とベッドと、宙(そら)。窓の外から覗きこむ少年。
       

      あれは夏だったかな。深夜、生國魂(いくたま)神社の前の公園で、缶コーヒーを飲みながら勝山さんに話した「あーだこーだ」を彼が鋭く柔らかい感性で キャッチして、形にしてくださったもの。「イラストを使いましょう」というのも、「光と影を効果的に使いましょう」というのも、勝山さんのアイデア。こう やってひとつずつ、ひとの手を借りて形にしてもらっていくのが演劇をつくる楽しさです。
       

      ☆★☆
       

      『難病飛行』&『猫と電車』上映+ちめいど・ミニライブ
      ―舞台『難病飛行』DVD完成記念―
                 蔭山武史(筋ジストロフィーDMD)主催 

      平成28年5月1日(日)14時00分-
      場所・三田市総合福祉保健センター(三田市川除675番地)
      (三田駅徒歩20分)駐車場有 TEL/079-559-5701

      定員250名(全席自由)入場・1000円*小学生以下・無料(先着順*要予約)             
                     プログラム
      (開場13時15分・開演14時00分)

      14時05分・舞台『難病飛行』72分 
      原作・蔭山武史 脚本・演出 坂本見花
      (筋ジストロフィー患者・武史の幼い頃と、青年になった姿の
      2人が 同時に登場して絶望と希望の、やりとりを中心にストーリーが展開)
        −休憩−
      15時30分・映画『猫と電車ーねことでんしゃー』91分
      (「ことでん」の愛称で親しまれる香川県・高松琴平電気鉄道の
      路線開通100周年を記念して製作された映画。
      キャラクター作家になるという夢を追いかける
      主人公(篠原ともえ)と、疎遠だった姉の再会のドラマを描く)

      香西志帆監督・舞台あいさつ
      (現役銀行員、香川県在住。地元の銀行に務めながら
      ショートムービーの制作やシナリオライターとして活動。
      2012年『猫と電車』で長編映画デビュー。脚本・撮影・編集も担当
      夏菜主演の映画「恋とオンチの方程式」の監督も務める)

      17時10分・ミニライブ・ちめいど(兄弟アコースティックデュオ
      人生の応援歌、メッセージソングで関西を中心にライブ・イベントで活躍中
      舞台『難病飛行』主題歌も担当) 
      お申し込み、お問い合わせ 蔭山 
      FBかメール・tamagogojp@yahoo.co.jpもしくは pagupa@loveboat.cx
      TEL・FAX 078-952-1767 ブログ・http://ameblo.jp/kage35/

      難病飛行稽古.jpg

      ごはんを食べるように物語を書く。

      0
        たみおさんが、ご自身のブログで、わたしとの「共同作業」のことを書いてくださっていました。
        前回の記事の流れから読んでいただけましたら、幸いです。

        全文ご紹介。

        ☆★☆

        一番おおきなトライは、脚本を託すこと。でした。
        これが、意外ととてもすんなりと、よろしくです!とお願いができました。
        我ながら不思議。

        映画製作のドキュメンタリーをみるのが好きで
        そこで、脚本のチームのドラマを数々見ていたこともあり、
        そこに憧れていたのもありました。

        アイディアを出し合って、ひとつのお話をつくっていく。
        アニメーションの現場のように、絵を共有したりして、
        どうすれば、どんな効果につながるか、話しながら進めていく。
        相手には、大事にしたい想いが同じであることが何より大切でした。
        一緒に旅ができる人。

        自然とほんとにすんなりと、彼女しかないな、と思いました。

        坂本さんに託すことになったのは、運命のようなものだと思います。
        恋愛話しと同じようなのりできゃあきゃあ話したお芝居のあれこれ。
        もうずっと楽しくて、楽しいままに素敵なことを次々と話せている。
        くるくると回転が止まらない。
        それは、彼女が私を回してくれていたんだな、と今になって思います。

        あーだこーだふたりで話しあったあと、
        たくさんメモしたノートを抱えて、坂本さんは扉の向こうへ。
        彼女が消えた扉の向こうで、静かに何かが進行して、
        夜があけて、
        「たみおっち、できたよー!」と明るい声でこちらの世界へ現れる。
        「どんなのどんなの?」とわくわくしながら、それを読む。

        いいのできた!、とか、もっとこうかも、とか、な、なるほど!とか、じーん・・・とか。

        あの扉の向こうで、贈り物をつくってる。

        いつもそれを受け取りながら、いつもいつも、幸せでした。


        ☆★☆

        こんなふうに、あったかくて、きゃいきゃい楽しいメッセージを、何度ももらいながら創作をしました。
        ……贅沢!!

        『MOON』に取り組みながら思っていたのは、「やっぱり、好きなんだなー。好きだからできるんだな」ということでした。

        ユリイカ百貨店がつくりだすものがすき。
        作り手として、友人として、たみおさんのことがすき。
        そして、もちろん、「書くこと」がすき。

        『MOON』はこれからも成長していくし、
        わたしも、どんどん書いていきます。新しい物語も。かつて書いたものの語り直しも。
        今日も、書いています。

        ごはんを食べたくなるのに似た衝動で、物語を書きたくなります。
        「もうだめだ。からっぽだ」と思っても、何度もよみがえってきてくれる、ふしぎな衝動です。
         

        心のままに、さらさらと。

        0
          おつきあい、ありがとうございます。
          つづきです。

          「演出」を手放そうと思っているわたしとは反対に、「脚本」を手放そう、と考えた作り手がいます。
          「ユリイカ百貨店」のたみおさんです。

          彼女は3人のお子さんのママ。
          そしてわたしと同い年。(生年月日がまったく同じという、ほとんどネタみたいな事実もあり)
          学生のころから知っていた「ユリイカ百貨店」は、チラシも舞台写真も宣伝映像も「ハイセンス・ハイクオリティの権化」みたいに見えて、初めてナマで観ることのできた『婦人』という作品はアートコンプレックス1928を「懐かしいけれども、知らない時代の、懐かしいけれども、知らない国」に変えていて、わたしはずっと「ユリイカ」への憧れを募らせてきました。

          あるとき、思いきって、つてをたどって彼女に連絡し、それから何度かのやりとりを経て、わたしの書いた脚本を彼女に読んでもらう機会を得ました。
          演出家って面白いですよ。目の前に脚本があると、目の前にケーキがあるのと同じような反応をするんです。すぐに最後まで読んじゃう(ぱくりと完食しちゃう)。90分の脚本で、それなりの分量があったのにも関わらず。
          (もっとも、そんな反応をするのは、たみおさんだけかもしれません。『MOON』の舞台セットの〈お月さま〉にくっつけた小さくて愛らしい電球たちを初めて見たときも「食べてしまいたい」って言ってたからなー。思わず「(アラレちゃんの)ガッチャンみたいやね」と言ってしまいましたが)

          わたしが「作品をもっと遠くへ、たくさんのひとへ届けるために、演出を手放そう」と考えたように、
          たみおさんもまた、「これからずっと作品を作り続けていくために、脚本を手放そう」と考えていたのだそうです。

          ご自身でも物語を紡ぐ才能がたくさんあって、その物語にファンもついている、たみおさんなのに、です。

          すんなり惹き合ったように、思われるかもしれませんが、お互いがお互いに出会うまでには紆余曲折ありました。
          (……と、続きを書こうとして「なんかクサいからやだ!」と手が止まってしまいました。笑。終わったことならいざ知らず、まだこれからのことですからね。現在進行形です。)

          『MOON』のことを書こうと思ったのに、そこまでたどりつかなかった。
          せめて、お写真を一枚。

          ミイとお月さま.jpg

          この場面からの流れがとても好きでした。
          (『MOON』は再演を企画中!大阪公演が実現できたら、ぜひ足をお運びくださいませ☆)
           

          心のままに、さらさらと。

          0
            そんなわけで、続きです。

            「演出」をしないだろう、ということについて少し。
            いままで浮遊許可証の公演では、わたし自身が演出をすることがほとんどでした。
            すみずみまで「坂本見花の作品である」ことが必要だろうと思っていたからです。
            わたしには演出家としての才能はありませんが、それでも、わたしにしかわからない「この一点」「この瞬間」「この空気」というものがある、と信じていました。その思い自体はいまも変わっていません。

            ですが、高い能力をもった俳優さん、スタッフさんと芝居づくりをさせてもらうようになってから、自分の演出家しての限界(というとなんだか偉そうですが)が作品の限界を決めてしまっているような気がして、ずっと歯がゆい思いをしてきたこともまた事実です。

            もうひとつ、挙げるならば、わたしはどうも作品を自分の中だけで抱きしめてしまう癖があるようなのです。
            「この芝居が坂本見花の見える範囲だけで終わってしまうのは惜しい」とは、『リーンカーネーション・ティーパーティー』のときに上原日呂さんが書いてくださった言葉ですが、「作品を外に広げる」ことよりも、自分の手の中で大事に大事につくりあげることに終始してしまう傾向が、どうもわたしにはあるようなのです。
            (それは、主宰・脚本・演出を兼ねているせいで、いわゆる「宣伝」にまで手が回っていないからだ、ということでもあります。もちろん、すべてこなしておられるかたもいらっしゃるわけですから、単にわたしのキャパが小さい、というだけなのですが)

            「作品をもっとたくさんのひとに届けたい」
            「もっと観てほしい」

            それがいまのわたしの大きな望みです。
            だから、「演出」を手放そう、と思うのです。

            『難病飛行』で演出を引き受けたのは、武史さんがわたしに依頼してくださったからでした。
            「この作品は、自分で最後までやるべきだ」
            と感じるものがありました。人ひとりの人生です。「わたしは半分(脚本)だけやるから、あとは任せた」なんて誰かに譲ろうとは思いませんでした。
            これからも、そういう作品があれば、それが浮遊許可証の公演であるとないとに関わらず、わたし自身が「演出」をするだろうと思います。

            さてさて、まだ書きたいことがあるので、この続きはまた明日☆
             

            心のままに、さらさらと。

            0
              ずいぶん長らくご無沙汰してしまいました。
              心のままにさらさらと、書いていこうと思います。

              10周年企画が終わり、万灯会(まんとうえ)、『難病飛行』、『MOON』が終わりました。
              おそらく、私自身が「演出」という立場で作品をつくることはしばらくないだろうと思います。
              (だから『難病飛行』は貴重ですよ!見逃したかたへ、『難病飛行』DVD完成記念イベントのお知らせ!(笑)→http://ameblo.jp/kage35/entry-12143131539.html)

              イベントはもちろん、武史さんが企画されたものです。
              武史さんのFBの投稿を拝見していると、彼が寝たきりであること、自力呼吸ができないこと、声を出すことができないこと、顔と指先しか動かすことができないことを、つい忘れてしまいそうになります。
              精神的バイタリティとユーモア、それから、支えてくれるひとを大勢呼び寄せることのできる人間力なのでしょうね。
              もちろん、そんな「武史さん」になるまでには、相当の苦難があったのだと思いますが。

              お写真を一枚。
              みんな良い顔!
              CY7q1JjUAAAUv5O.jpg

              キャスト・スタッフともに良いチームでした。
              手話通訳のかた、ボランティアのかた、ヘルパーさん、八雲病院の石川先生、難病のお子さんをお持ちのお母さん……出会いを挙げればきりがありません。

              大事な公演になるということがわかっていたので、初めて、高校時代の恩師にお手紙を書きました。
              「観に来てください」って。
              そうしたら先生が、当時の同級生や、他の先生方や、OB会にまでお知らせをしてくださって、本番にももちろん、足を運んでくださって……お会いできただけで胸がいっぱいになりました。これも武史さんがくださった再会のご縁なのだろうなと思います。
              (なんてイイコトばっかり書いてますが、わたしも武史さんも人間ですから、ケンカこそしなかったものの、お互い思うことはいろいろあったはず……。そんな話はいっぺんもしてませんが、「イイコト」「キレイナコト」ばかりではなかったはずです。でも、作品ではまっすぐに「きれいごと」を書いています。それは、原作の『難病飛行』をわたしがそういうふうに読んだからです)

              武史さんと同じように難病と闘っている友人が、病室から「成功祈願」の写真を送ってきてくれたことも、書いておきたいと思います。

              ……書き出すとやはり長くなりますね。
              続きは、また明日☆

              終演しました!

              0

                MOON俳優さん.jpg

                ユリイカ百貨店『MOON』終演いたしました!
                ご来場くださった皆様、ほんとうにありがとうございました。

                ひとまずご報告にて☆
                (役者さんの集合写真ほど、観ていて幸せな気持ちになるものはないなあ)

                SunMonTueWedThuFriSat
                1234567
                891011121314
                15161718192021
                22232425262728
                293031    
                << May 2016 >>
                Recent Entries
                Categories
                Archives
                Recent Comments
                Recommend
                Profile
                Links
                Other